痔瘻治療日記

痔瘻日記第14話:初の排便(手術2日後)

2017/05/07

手術翌日の消毒と経過観察を無事に終えたわけですが、その日は心理的な影響もあったのか、それとも単純に普段通り食事をしていなかったからか、特に便意が生じずに一日を終えてしまいました。便を柔らかくする薬(マグラックス)も服用していたので排便の際の痛み等はあまり心配しなくてはいいと聞いていたものの、あまりためてしまうと便が固くなってしまうのではないか・・・という心配もありました。

スポンサーリンク

手術翌々日、術後初の便意がおとずれ、排便のときがきました。結果としては・・・特に痛みはありませんでした。拭くのが怖くて軽くトイレットペーパーで押さえる程度にしましたが、やや出血が見られ、トイレットペーパーにやや色がつきました。とはいえ、鮮血がベッタリつくようなことはなく、ピンク色にペーパーが滲む程度でした。さすがにトイレットペーパーでおさえるだけというのも不潔かと思いウォシュレットを最弱にして洗ったのですが、これが大失敗で傷口に直撃、激痛が走りました。やはり術後は排便の後は、シャワーで優しく洗い流してあげることが必要なようです。最弱とはいえ、術後のウォシュレット利用はオススメできません!

 

【PR】お腹の調子を整える-植物由来の乳酸菌ラブレ



痔瘻の大敵は言うまでもなく「下痢」です。下痢は痔瘻の要因となる肛門周囲膿瘍の原因にもなりますし、痔瘻の手術をした方は術後の回復のためにも下痢や便秘をしないことが重要となります。

下痢や便秘を防ぐには、規則正しい生活や食生活の他、乳酸菌の摂取により善玉菌を増やすことが有効な方法だとされています。

植物由来の乳酸菌ラブレを飲むことで、善玉菌を増やし腸内環境を改善し、下痢や便秘を防ぎましょう。まずは2週間分、トライアルから!

14日間お試し送料無料1000円 カネカ・ユアヘルスケア 植物由来の乳酸菌ラブレ


痔 ブログランキングへ

-痔瘻治療日記