痔瘻治療日記

痔瘻日記第1話:お尻に異変

2017/05/07

2015年某日、いつもと変わらぬ生活を送っていたのですが、トイレでお尻にしこりがあるのに突然気づきました。場所は、お尻の穴からほんの2~3cm尾てい骨のほう(つまり背中側)へといったあたり。触ってみても特に痛くはなく、押してみても特に何も起こらない。おできでもできたのではないかと判断し、しばらく放置していました。

スポンサーリンク

しばらく放置したものの、謎のしこりはなくなるどころかなんとなく大きくなっている感覚がありました。そして、押したときに以前にはなかった痛みが、軽くではあるものの感じるようになったのです。

心配になり、インターネットで同様の症状がないかと調べてみると、「粉瘤(アテローマ)」「肛門周囲膿瘍」などといった症状が自分の症状に近いのではないかと思われました。しかし、「粉瘤(アテローマ)」については、「硬いニキビのようなしこり」というのがいまいち当てはまらない気がし、「肛門周囲膿瘍」については「激しい痛み」「高熱」「倦怠感」などという症状があるといいますが、自分には一切そんな症状はなく、こちらも違うのではないかと考えていました。

結局インターネット上の情報での自己診断はできず、もやもやしたまま、またしばらく放置することとなったのです。

 

【PR】お腹の調子を整える-植物由来の乳酸菌ラブレ



痔瘻の大敵は言うまでもなく「下痢」です。下痢は痔瘻の要因となる肛門周囲膿瘍の原因にもなりますし、痔瘻の手術をした方は術後の回復のためにも下痢や便秘をしないことが重要となります。

下痢や便秘を防ぐには、規則正しい生活や食生活の他、乳酸菌の摂取により善玉菌を増やすことが有効な方法だとされています。

植物由来の乳酸菌ラブレを飲むことで、善玉菌を増やし腸内環境を改善し、下痢や便秘を防ぎましょう。まずは2週間分、トライアルから!

14日間お試し送料無料1000円 カネカ・ユアヘルスケア 植物由来の乳酸菌ラブレ


痔 ブログランキングへ

-痔瘻治療日記